月の雨に独り

テーマを定めた読書ブログ。

2020年代

『児童書作家の思いつき 子どもと子どもの本のためのヒント集』

みなさんには子供の頃、憧れの職業というものはありましたか。または、大人になってから夢を目指していま頑張っている最中という人も中にはいらっしゃるかもしれませんね。私は昔、児童書作家という職業に強い憧れを持っていました。いま思えばものすごく傲…

『傾いた夜空の下で』

岩倉文也は、とても現代的な登場の仕方をした詩人と言えるでしょう。というのも、彼は丹精込めて作り上げたであろう詩の発表の場のひとつに、敢えて旧ツイッターを選んだのです。いや、今でこそSNS上で詩を発表する人間自体は珍しくもないのでしょうけども、…